シアワセな家族のカタチ

2021年、2023年に娘二人の中学受験を経験したアラフィフパパです。日々の思い出や考えを記録していきます。

SAPIXで中学受験を始める親御さんへ ④

 

happy-chuju-life.hatenablog.com

 

 

happy-chuju-life.hatenablog.com

 

 

happy-chuju-life.hatenablog.com

 

 

 

つづきです。

 

・ 基礎トレが大切

 

 小4から毎月配布される基礎力トレーニング(基礎トレ)という冊子スタイルのテキストがあります。

1日10問、10−15分程度でできる計算問題、一行問題などが織り込まれています。

数日間は同じ問題が数値を変えてでてきますので、毎日やることでしっかりと習得することが出来ます。 

お姉ちゃんの受験の時にいろんな学校の入試問題を見ましたが、おそらく

基礎トレの問題をしっかりと習得できれば、ある程度の学校だったら、十分戦える(合格点とまでは行かないとは思いますが)レベルまでの算数の学力は身につくと思います。あくまで基礎問題なので、そこからさらに積み上げる必要はありますが。

 

 また、1日10問、10分と、スキマ時間でできるのもいいですね。本来は早朝にやるのがベストだと思いますが、夜にやったり、帰宅して塾に行くまでの間とかにやれたりもしそうです。

子供に勉強を継続する習慣、大切さ、面白さを身につけさせる最適なテキストだと思います。

1日10問、1ヶ月で300問、1年間で3650問、3年間で10000問以上です。こんなに問題を解いたお子さんを褒めてあげましょう。これをやり遂げられたならばそれだけでも中学受験生として合格です。

 

・ 偏差値表に書いてある学校が全てではない

 

 SAPIXに入るとマイページから偏差値一覧を見ることが出来ますが、当初私は

そこに書いてある学校が受験できる学校の全てだと思っていました。

(恥ずかしい・・・)

いよいよお姉ちゃんの受験校を決めるにあたって、この一覧表を見ながら

なんでこの学校は1日の午後しか受験してないんだろうとか、

違う一覧表を見たら、実は通える範囲にこんな学校があった!とか、多かったです。

よく見ると偏差値表の下の方に「データ不足のため掲載されていない学校・受験回があります」と書かれています。見事に引っかかってしまいました。

 特に最初のうちは幅広く受験校を探す意味でも他の資料でも受験校を探してくださいね(そんなことしたのうちだけかもしれませんが)。

 

 

・ 警備員さん大人気

 

 SAPIXのお迎えに行くと、入り口のところだったり信号のない交差点のところだったりに警備員さんが立って交通整理をしてくれます。この警備員さん、小学生から大人気です。

 あまり仲良く話したりとかしてるのは見ませんが、だいたいのお子さんが警備員さんにさようならとしっかり挨拶していたり、ありがとうございます!と清々しく言っていたり、警備員さん冥利に尽きるだろうなあと思って見ています。さすが中学受験を志すお子さんの親はそう言うしつけもしっかりされているんだなと感心しています。

 合格体験記にも多くのお子さんが、

「指導してくれた先生、受付のお姉さん、警備員さんありがとうございました!」

みたいな感じで締めくくっていて、警備員さんがお子さんに与えている影響は大きいんだなぁと思って、お迎えに行くとき警備員さんを尊敬の眼差しで見つめています。子供からしたら警備員さんや事務の方も同じくSAPIXでお世話になった人なんですね。

 警備員さんいつもありがとうございます!!

 

 

また何か思いついたら⑤として書きたいと思います。