シアワセな家族のカタチ

2021年、2023年に娘二人の中学受験を経験したアラフィフパパです。日々の思い出や考えを記録していきます。

珍しく自己採点

組分けテストを受けた新6年生の皆様、お疲れ様でした。

 

いつも自己採点など私は行わないのですが(成績が悪くて落ち込むのがいやなので)、

今回は珍しく解答用紙がアップロードされてすぐ、私自ら採点をしてみました。

 

結果は、

まあこんなもんかなぁ

 

という感じでした。特別いつもと比べていいところも悪いところもなく、という感じでしょうか。アルファはやっぱり妄想でした。

 

平均点予想なんかを見てみましたが、妹ちゃんの偏差値はおそらくいつもと同じくらいの感じかなと思っています。

 

欲を言えば、社会が・・・。どうも最近歴史の勉強ばかりをしていたようで、地理の問題がほとんどわからなかったと言うことです。実際地名を答える問題が全くできていませんでした。

まあ仕方ありません。しっかりと復習してもらいましょう。ただ、地理については覚えるしかないことだらけなので、地図帳をまたやり直してもらう(せめて基本的な地名は覚えて欲しいものです)ことにしようかなと思っています。

 

算数はいい感じになってきているように思います。

 

大問3まではある程度できて、その他の問題も(1)はしっかりと解けているので、基本がしっかりと身についてきていると言うことになるんだといいように解釈します。

 

特に最近大問1の計算問題を間違えなくなったのは、本当に昔の妹ちゃんを知ってるものからすると成長したなぁと思います。

 

 

これのおかげです。ありがとう。

 

さて、来月からは受験学年になります。お姉ちゃんの経験から感じているのは、

 

ここから偏差値を上げていくのは非常に難しい、維持するだけで十分素晴らしい

 

と親は考えることが大切だと思っています。こんなに勉強してるのになんで成績が上がらないのかしら・・・とヤキモキしてしまう親御さんも多いかと思いますが、よく言われるように

 

みんなそれくらい勉強してますよ

 

と言うことを理解して、子供を叱咤しないように注意して6年生を過ごしていきたいと思います。