シアワセな家族のカタチ

2021年、2023年に娘二人の中学受験を経験したアラフィフパパです。日々の思い出や考えを記録していきます。

テストに向けて

早いもので受験学年になり1ヶ月過ぎました。今の所我が家は平和な時間が流れています。

これをあと11回繰り返すと受験が終わっています。

 

そう考えるとあっという間な気もしますが、これからどんどん大変になっていくことはお姉ちゃんの時に経験済みです。

 

明日は組分けテストです。試験範囲のないテストなので実力テスト的な意味合いもあるでしょうか。

 

特別妹ちゃんは試験範囲のあるなしが成績に影響を与えることはない印象です。

今日は午前中家で塾の宿題と少しだけ明日のためにコアプラスとか漢字の要とかを読み直していました。

塾から帰ってきてからは日課YOUTUBE(我が家は1日30分好きなことをしていい時間を作っています)と読書にふけり、明日のためにということで早々と寝ました。

 

明日も特別気張ることなく、落ち着いて試験を受けてもらえればそれで十分かと思っています。

ただ一つだけ

 

文字は丁寧に書こうな

 

と伝えました。

たまに小テストの採点なんかを見るのですが、漢字の採点が厳しくなってきてるように思います。はらいとか、はねとか、長さとか。

 

それくらいいいじゃないか

 

と私なら思ってしまうのですが・・・。

 

読めるんだから○でいいじゃない

 

という考えはだめなようです。残念ですが仕方ありません。

 

妹ちゃんは親バカな私から見ても字が雑です。

下手すると私が小6だった時より雑かもしれません。

 

解答用紙は採点する先生方へのラブレターと思って書いてもらうことにします。

 

私も高校受験の時、解答用紙をすごくきれいな字で書こうとする時期がありました。

気分的なものだったのですが、それをしているときは成績も良かったように記憶しています。

理由はよく分かりませんが。

 

なので妹ちゃんも丁寧に答えを書くことで少しでもいい成績になるといいななんて思っています。

 

明日の試験の解答用紙、アップされてどんな字が書かれているか、楽しみです。