シアワセな中学受験のカタチ

2021年に長女の中学受験を経験、2023年に次女の中学受験を予定している40代後半パパです。日々の思い出や考えを記録していきます。

組分けテスト

今日は組分けテストでした。

 

範囲のない試験、特に算数がどんな感じになるか、今後の方針を決めるのに大切なテストであると(父親だけ勝手に)位置づけていました。

 

早速自己採点してみましたが・・・

 

夏休みは算数の基礎の構築に全精力を注ぎましょう

 

という結論になりました。4教科ではおそらく平均点に届くかどうか、という感じでしょうか。社会がとんでもない点数だったのにびっくりしました。

 

まだ問題見ていないのでなんとも言えないのですが、おそらくは大問3まではやったことがある問題が多かっただろうと思います。

 

・・・解き方が完全に定着していないか、どの引き出しを使って解けば良いのかがすぐに判断できないんだろうな

 

と思いました。

 

私には分からない世界なので、なんともアドバイスしにくいのですが、とにかく夏期講習のデイリーチェックのやり直しとテキストの指示された問題の反復演習、基礎トレをしっかりとやってもらうことで基礎的な問題を体に染み込ませてもらえればと思います。

 

とにかく、

 

難しい問題なんてできなくていい

みんなができる問題を落とさないでほしい

 

と考えています。それには基礎的な問題を繰り返し繰り返し解くしかないでしょう。

 

ちなみに社会もどうにかしないといけなさそうですけど・・・

SAPIXの問題が難しすぎるんだ、ということにしておきますw

 

夏期講習のクラスは落ちることになると思いますが、正直その方が優しい問題をやってくれると思うので、妹ちゃんにはちょうどいい感じになりそうです。

 

もう少しで夏休み、頑張りましょう!